サイトマップ

液肥 野菜の肥料 専門サイト | 肥料(液肥・活力剤)の成分についてまとめました。

野菜の肥料について

肥料取締法第2条第1項

日本の法律で定められているところの「肥料」とは、植物の栄養に供すること又は植物の栽培に資するため土壌に化学的変化をもたらすことを目的として土地にほどこされる物及び植物の栄養に供することを目的として植物にほどこされる物をいう。

*土壌に施すものや葉に直接散布するものも植物の栄養に供することを目的としている場合は肥料となります。

肥料の成分

肥料の成分としては窒素(N)・リン酸(P)・カリ(K)を配合したものが多くあります。
これらは肥料の三要素と呼ばれ植物の生長に必須になる成分です。
この他にもカルシウム(Ca)・マグネシウム(Mg)などの要素も肥料として施されます。

肥料の三要素について

窒素(N)

主に植物を大きく生長させる効果があります。
葉や茎を大きくし葉の色を濃くするため葉肥(はごえ)といわれます。
植物のタンパク質や葉緑素などを作るために必要となります。
過剰に与えると植物体が徒長し、軟弱になるため病虫害に侵されやすくなります。
逆に、軟らかい植物体を作りたいときは窒素を多用するとよい。

リン酸(P)

主に作物の開花結実に効果があります。
花肥(はなごえ)または実肥(みごえ)といわれています。

カリ(K)

主に根の発育と細胞内の浸透圧調整に効果があります。
根肥(ねごえ)といわれています。
水溶性のため流亡しやすいので、追肥で小出しに与えるのがよい。

肥料の五要素について

肥料の三要素にカルシウム(石灰)とマグネシウムを加えて肥料の五要素といいます。

カルシウム(Ca)

主に細胞壁を強くし、作物体の耐病性を強化する働きがあります。
農業・園芸分野では石灰(せっかい)ともいいます。
土壌のph調整などに用いられる。

マグネシウム(Mg)

葉緑素形成に不可欠な物質です。農業・園芸分野では苦土(くど)ともいう。

多量要素と微量要素について

肥料成分には、植物が必要とするものに多量要素と微量要素とがある。

多量要素

字の通りに植物の生育に多量に必要となる成分です。
上記した窒素・リン酸・カリの3要素に加えて、石灰・苦土・硫黄がこれに当てはまります。

微量要素

植物の生育に欠かせないものではありますが多量要素に比べて必要量が少ないのでこのように区分けされています。
鉄・マンガン・ホウ素・モリブデン・亜鉛・銅・塩素があります。

*微量要素の特徴はこちらからご覧になれます。

野菜 肥料 液体肥料 液肥 ALA-FeSTA (アラフェスタ) 通販

役に立つ肥料、活力剤が揃っています。農薬や種子などの販売もございます。是非ご利用ください。

【販売・お問合せ先】
株式会社アイ・エイチ・エス
千葉県匝瑳市堀川276
TEL:0479-67-2623

野菜の液肥・活力剤

まとめ記事

ページのトップへ戻る