サイトマップ

液肥 野菜の肥料 専門サイト | 液体肥料の混合散布についてまとめてみました。

混合散布について

混合散布とは?

混合散布は2種類以上の液肥や農薬、活力剤を混合して施用することです。
混合散布のメリットは液肥の組み合わせによる相乗効果にあります。
下記では相乗効果の例を紹介したいと思います。

ペンタキープVと鉄力あくあF14の場合

液肥 鉄力あくあF14

ペンタキープVのALA(5-アミノレブリン酸)と鉄力あくあF14のFe(鉄)とMg(マグネシウム)を合わせて葉緑素をより増やして光合成をより活性化させることができます。
また、鉄力あくあF14は微量要素を多く配合しているので欠乏予防にも効果的です。

鉄力あくあF14とホスカルの場合

液肥 鉄力あくあF14

鉄力あくあF14とホスカルを組み合わせるとCa(カルシウム)、Mg(マグネシウム)、B(ホウ素)、Cu(銅)が組み合わさるので細胞壁(中層組織)が強化され厚い丈夫根や茎に成長します!

*おすすめの組み合わせはこちらでご覧になられます。

混合散布の手順

野菜の肥料 液肥混合表

上記の図はおすすめ液肥・活力剤をphを基準に並べたものです。
従来の高機能液肥では酸性のため混合の順番は決められてはおりませんでしたが、
サカタ液肥GBのようにph10の強アルカリ性の液肥もございますので注意が必要となります。
なので、今回は液肥のおすすめ混合方法を紹介したいと思います。
サカタ液肥GBを混合する場合は強アルカリ性なので中和してから混合をしてください。

おすすめ混合方法

  1. 原液同士で混合しないでください。(沈殿が生じる場合があります。)
  2. サカタ液肥GB強アルカリ性なのでソイルマスターバリカタ!の1000倍で中和してから混合してください。(最初に混合してください。)
  3. ホストップホスカルなどの亜リン酸系液肥を混合します。
  4. 次にペンタキープVを混合します。
  5. 最後に鉄力あくあF14マルチケーミンを混用します。

*おすすめの組み合わせはこちらでご覧頂けれます。

野菜 肥料 液体肥料 液肥 ALA-FeSTA (アラフェスタ) 通販

役に立つ肥料、活力剤が揃っています。農薬や種子などの販売もございます。是非ご利用ください。

【販売・お問合せ先】
株式会社アイ・エイチ・エス
千葉県匝瑳市堀川276
TEL:0479-67-2623

野菜の液肥・活力剤

まとめ記事

ページのトップへ戻る